うつ病の治療方法|診断をすることでうつ病のリスクは大幅に減らせる
メンズ

診断をすることでうつ病のリスクは大幅に減らせる

うつ病の治療方法

カウンセリング

主な治療法

うつ病というのは、再発の恐れがある病気だということをご存知でしょうか。うつ病は適切な診断を受け、カウンセリングなどの治療によって徐々に快方に向かい、一見完治しているようにみえることもありますが、また何らかのきっかけでうつ病にもどってしまう可能性が高いのです。この期間を中間期といい、完治したようにみえて危険性の高い時期でもあるのです。よって、安心しきらず、治療はできるだけ受けて完治を目指しましょう。うつ病の治療法というのは、主に薬物療法とカウンセリングの2つが最も一般的です。抗うつ剤を飲むことにより伝達物質の伝達を阻んでいる物質の分泌を抑制したり、カウンセリングによって自分自身を見つめ直させ、気分を回復させる方法などが、うつ病に最も効果的だと判断されています。しかし、うつ病治療はこれだけではありません。
うつ病というのは、未だに謎が多い病気であり、未だに研究されつづけている未知の病です。そして、その研究の段階で幾つもの効果的な治療法が見つかり、多くの心療内科で採用されているものがあります。これら治療法は、患者の状態などを診断でチェックし、効果的かどうかを判断して行われるものが多く、また、治療だけではなく予防に関しても効果があるとされています。

いろいろな治療法

診断やカウンセリング、そして薬物療法以外の治療法の中では主に運動が挙げられます。運動をすることにより、セロトニンという物質を脳内に分泌させることができます。セロトニンは脳内神経との連動で気分や感情などの自己のメンタルをコントロールし、脳内を活発な状態にしてくれます。また、有酸素運動によって発生するドーパミンの分泌などによって多幸感を得てうつ病を治療していくという方も運動によって得られます。もちろん、重度の鬱病の場合は運動する気もおきないということが多いので、診断によって回復期(うつ病治療が進行し、回復に差し掛かる時期のこと)に入った時に運動をすすめることが多いです。ほかにも、食事にもセロトニンの発生を促進する食材があるので食事で治療のサポートをすることもできます。ちなみに、うつ病患者に最も言ってはいけない言葉が「頑張れ」です。理由としては、患者は精一杯頑張っているのに頑張れと言われることで全く頑張っていないと思われていると思い込み、余計にふさぎ込んでしまうからです。普通の人ならば励ましや応援に聞こえる言葉でも、うつ病の人にとっては自分を追い込んでいるようにしか聞こえないのです。もし身近にうつ病患者がいるのなら、言葉に気を付けてしっかりとサポートしてあげましょう。