深刻な影響が出る前にうつ病診断

診断をすることでうつ病のリスクは大幅に減らせる

病院選びが大事

女医

うつ病の治療で重要なのは、病院で診断を受け、適切な治療を受けることです。そして、評判の良い病院を選び、良い治療を受けることでうつ病完治のスピードは全く違ってきます。

詳細へ

うつ病の治療方法

カウンセリング

うつ病は現在も治療法が研究されており、様々な治療法や改善方法が確認されています。中でも一般的なのがカウンセリングと薬物療法です。診断を受け、適切な治療をしてもらいましょう。

詳細へ

チェックすることの重要性

男性

うつ病への理解と弊害

近年、テレビやインターネットの発達により、うつ病への理解度が高まりました。以前は心の問題だと済まされていたうつ病も、今では立派な病気として認知され、治療に積極的な取り組みが行われるようになりました。しかし、その一方で認知度が高まったことによる弊害も生まれています。それが、「うつ病の恐怖」です。実際にうつ病は怖い病気ですが、その影響で「自分はもしかしてうつ病なのでは」と不安にさいなまれる人が増えつつあります。その多くは小さな不安のまま消えることになりますが、中には不安が消え去らず、ストレスとなって残り続け、いつしか本当にうつ病になってしまうというケースもあります。うつ病というのは、一時的な落ち込みや倦怠感ではなく、24時間四六時中落ち込み続け、倦怠感が体を支配しています。他にも、不眠症に陥ったり拒食症になったり、自分は何をやってもダメなんだと思いパニックを起こしたり暴力的な性格になったりと、うつ病と一言で言っても様々な症状があります。また、近年では新型うつ病という病気も発表され、うつ病の定義は大幅に広がりつつあるのが現状です。情報過多になってしまった分、当てはまるものも多くなってしまうのが認知度が高まったことによる弊害といえます。

診断で問題解消

自分が病気じゃないかどうかを調べるのに一番手っ取り早いのは、心療内科で診断を受けることです。診断を受け、自分が病気ではないとわかれば、人は大きく安心します。人の心理状態というのは単純なものであり、大丈夫だと言われることで不安が消え、気分が晴れやかになるのです。また、診断を受けるメリットは安心するだけではありません。もし、本当にうつ病になっている、あるいはその傾向があった場合、早期治療を受けることができます。うつ病というのは、放置していればしているほど症状が悪化し、場合によっては年単位の治療が必要になります。しかし、軽度の状態ならばカウンセリングや運動などの治療で軽減し、完治することも出来るので早期発見すれば早期治療も行えます。そのため、どうしても不安に感じ、その不安が払えないのならば診断を受けてはっきりさせるのも一つの手段です。そこまで深刻ではなく、少し気になるなという程度ならば、心療内科のホームページに掲載されていることのあるセルフチェックテストを受けてみましょう。これは無料で行えるテストであり、複数の質問に答えて診断していくものです。この診断は100%性格ではありませんが、それでも参考材料になり、全く問題なしという結果が出たのならば問題はないと考えて良いかもしれません。しかし、要検査などの結果が出た場合は、心療内科で診断を受けたほうが良いかもしれません。

知人をチェック

女の人

うつ病というのは、自覚症状がない人も多いです。特に弱音を吐かない人は診断を受けないためうつ病になりやすく、知人がしっかりみてなければなりません。あなたの友人や家族はうつ病になっていませんか。

詳細へ

うつを防ぐ

看護師

うつ病というのは、予防することができます。診断でうつ病の傾向がありといわれたのであれば、予防をしっかりと行い、うつ病になる前に症状の緩和を行いましょう。主な方法は、日頃の生活の注意です。

詳細へ